iDeCoニュース

DC専用ファンド(2019年9月)、2,200億円を超える記録的な資金流入額に膨らむ

2019/10/15 11:11

 DC専用ファンドの2019年9月の純資金流入額は約2221億円で、過去5年間で最大規模の資金流入額を記録した。今年5月に約770億円の資金流入があり、過去5年で最高の流入額となったが、その水準をはるかに超える資金流入になっている。特に、バランスへの資金流入額は約1,186億円と記録的な高水準となった。なお、全資産クラスが資金流入超となり、5月以来5カ月連続で全資産クラスに資金流入する状態が継続している。

 企業型DCの加入者数は7月末現在(速報値)で約721万人と3月末(688万人)から4カ月間で33万人増加している。18年3月末から19年3月末までの1年間で40万人増加したことと比較すると、加入者増の増加ペースは速い。また、iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数も、19年8月時点で約135万人と前年同期比33.5%増になっている。DC制度の利用者の急速な拡大によってDC専用ファンドには従来とは異なる次元で資金流入が進むようになっていると考えられる。

 バランス型ファンドは、DC運用の主力ファンドと位置付けられ、2018年5月に始まった「指定運用方法(デフォルトファンド)」にも選ばれやすい。指定運用方法に選ばれると、従来は「あらかじめ定められた運用方法」として大半が預金等の元本確保型に滞留していた資金が一気に流れ込むようなことがある。

MF7-9.jpg

※9月の純資金流出入額は推計値
出所:モーニングスター作成


 DC専用ファンド全体の純資産総額は約5兆7,592億円と前月の5兆3,896億円から約3,696億円増加し、過去最高残高を更新した。また純資産総額の増加額も過去5年間で最大の増加額となった。資産配分状況は、株式ファンド41%、債券ファンド21%、バランスファンドに36%という割合で、バランスファンドの比率が1%ポイント拡大した。(※個別のDC規約では、DC専用ファンド以外のファンドを制度に採用している場合があるため、DC専用ファンド全体の純資産総額は、国内DC制度全体で運用されているファンドの残高とは一致しない)

stock09.jpg

出所:モーニングスター作成


■資金流入額トップは野村アセット「マイバランス50(確定拠出年金)」

 DC専用ファンドの過去1カ月間の純資金流入額ランキングは、第1位が野村アセットマネジメントの「マイバランス50(確定拠出年金)」になった。9月月間の資金流入額が497億円と異例の高額になった。また、第3位に同一シリーズの「マイバランス30(確定拠出年金)」、第5位に「マイバランス70(確定拠出年金)」が入り、3ファンド合計で約1,124億円になった。

 また、「マイバランス(確定拠出年金)」シリーズは2002年7月の設定だが、同様の運用を行い、同じ信託報酬率(税込年0.154%)の「マイバランスDC」シリーズが2007年9月に設定されている。9月の純資金流入額は「マイバランスDC30」が2.36億円、「マイバランスDC50」が1.57億円、「マイバランスDC70」が0.63億円と目立った流入にはなっていない。

 第2位は三井住友TAMの「DC日本債券インデックスオープンP」で、こちらも月間の資金流入額が415億円と異例の水準。

 従来は、トップ10の上位でも1ファンドあたり10億円程度の資金流入額だった。月間100億円を超える資金流入は1年間に数本という程度だったが、9月は上位7本までもが100億円を超える資金流入になっている。

 なお、好パフォーマンスを背景に資金流入が続いている野村アセットマネジメントの「野村J-REITファンド(確定拠出年金)」は、11カ月連続で資金流入額のトップ10をキープした。

DC専用ファンドの過去1カ月間の純資金流入額ランキング

MFranking09.jpg

※2019年9月末時点、純資金流入額は推計値
出所:モーニングスター作成


■トータルリターンのトップ10は5カ月連続で全てJ-REITファンド

 個別ファンドの過去1年間のトータルリターンのトップ10は、5カ月連続でJ-REITファンドが独占した。

 トップは5カ月連続で野村アセットマネジメントの「野村J-REITファンド(確定拠出年金)」になった。2018年10月にトップ10入りして以来、12カ月連続でトップ10(うち7回で第1位)と抜群のパフォーマンスになっている。第2位は、前月に続いて大和投資信託の「DCダイワJ-REITアクティブファンド」で、3位以下がJ-REITインデックスファンドになっているのは、前月と同じだった。

DC専用ファンドのトータルリターン(1年)ランキング

TRranking09.jpg

※2019年9月末時点、純資金流入額は推計値
出所:モーニングスター作成

    
    

バックナンバー

  1. DC専用ファンド(2019年10月)、高水準の資金流入が継続だが国内株式は資金流出 ( 2019/11/13 08:47)
  2. iDeCoの9月の新規加入者は3.5万人超、2カ月連続で前年同月比2ケタ増を記録 ( 2019/11/05 13:14)
  3. ガバナンス強化が求められる企業型DC、第8回日本DCフォーラムでアズビル、沖電気など7社の好事例を表彰 ( 2019/10/18 17:50)
  4. DC専用ファンド(2019年9月)、2,200億円を超える記録的な資金流入額に膨らむ ( 2019/10/15 11:11)
  5. iDeCoの8月の新規加入者は4万人超、前年同月比で14.6%増と加入に勢い ( 2019/10/04 09:24)
  6. 東海東京のiDeCo、資産形成の入口商品として各種の運用サポートツールを用意 ( 2019/9/19 10:13)