iDeCoニュース

iDeCoの新規加入者、「年金2,000万円不足問題」が引き金か? 7月に加入者増が加速

2019/09/03 12:57

 国民年金基金連合会が9月2日に発表したiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)の業務状況によると、7月の新規加入者数は3万6,778人で加入者総数は131万1,045人になった。月間新規加入者数は6月と比べて5,750人増えた。月間新規加入者数が3.6万人を超えるのは、2018年4月(4万2,937人)以来、1年3カ月ぶりのこと。2017年1月にiDeCoの加入対象者が公務員や第3号被保険者に広がってから1年余りにわたって続いたiDeCo加入ブーム当時に等しい伸び率となった。

 7月の新規加入者の内訳は、第1号加入者が4,024人(前月3,544人)、第2号加入者は3万1,352人(前月2万6,230人)、第3号加入者は1,402人(前月1,227人)となった。第2号加入者の中では、共済組合員(公務員)の新規加入者が8,741人(前月6,347人)だった。なお。iDeCoに事業主が掛金を上乗せする制度である「iDeCo+(イデコプラス)」の導入事業所数は647、対象従業員数は4,527人になった。

 7月1日から金融機関等の営業職員における運営管理機関業務の兼務規制が緩和された。窓口の営業担当者が、iDeCoの運用商品の内容や選定理由等について説明することができるようになった。これによって、資産形成手段としてiDeCoとつみたてNISAの使い分けや併用などについて、金融機関では相談者に説明しやすくなっている。

 また、6月には国会等において「老後資金として2000万円が不足する」問題が大きく取り上げられ、「年金」が国民的な関心事に浮上した。7月時点での加入登録者増には、年金問題をきっかけに老後の資産形成を考えた方々が少なからずいることの反映だろう。今後、この勢いが継続するか注目したい。

iDeCo新規加入者数の推移

20190903_kanyusha.jpg

出所:モーニングスター作成

【関連記事】
変革期にある人事・退職金制度、「現状診断」で最適な制度設計を=IICパートナーズ
加入者20名からの企業型確定拠出年金、東京海上日動の「スマートDC」が中小企業向け企業年金普及のきっかけに
iDeCoの新規加入者、10連休で2万人に低迷した5月から6月は3万人超と回復

    
    

バックナンバー

  1. iDeCo4月の新規加入者は4.4万人と加入意欲旺盛、「資産所得倍増プラン」に期待 ( 2022/6/01 15:44)
  2. 資金流入額は前月の1000億円超から418億円に急減、外国株式への資金流入継続=DC専用ファンド(2022年4月) ( 2022/5/09 15:16)
  3. iDeCoの3月の新規加入者は4.8万人、前年同月では8%マイナス成長 ( 2022/5/02 18:04)
  4. 2020年1月以来の資金流入額1,000億円超、外国株式に強烈な資金流入続く=DC専用ファンド(2022年3月) ( 2022/4/07 09:26)
  5. iDeCoの2月の新規加入者は4.4万人、18カ月ぶりに前年同月を割り込む ( 2022/4/04 09:09)
  6. 純資産総額が2カ月連続で減少、2020年2月~3月以来約2年ぶり=DC専用ファンド(2022年2月) ( 2022/3/11 16:04)