iDeCoニュース

iDeCoの加入者総数は4月時点で123万人を突破、iDeCo+の導入事業所は415に拡大

2019/06/03 18:07

 国民年金基金連合会が6月3日に発表したiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)の業務状況によると、4月の新規加入者数は3万2,684人で加入者総数は123万3,809人になった。月間新規加入者数は3月と比べて1人減でほぼ同数だった。

 2月の新規加入者の内訳は、第1号加入者が3,621人(前月3,110人)、第2号加入者も2万7,876人(前月2万8,358人)、第3号加入者は1,187人(前月1,217人)となった。第2号加入者の中では、共済組合員(公務員)の新規加入者が5,969人(前月7,378人)だった。公務員の新規加入者数が落ち込んだ。なお。iDeCoに事業主が掛金を上乗せする制度である「iDeCo+(イデコプラス)」の導入事業所数は415、対象従業員数は3,004人になった。

 4月は2017年1月にiDeCoの加入対象者が公務員や専業主婦(夫)にまで拡大し、加入が加速し始めた時に5万9,918人の大量の加入者を集めた月にあたる。平成30年(2018年)4月は4万2,937人となって、同年度で最も新規加入者が多い月になった。今年度のスタートとして3万2,684人は前年度の月間平均(3万2,703人)を下回る水準となった。今後、この水準の挽回がなるのかどうかが注目される。

 なお、この4月からは、第1号加入者が中心となる農業従事者を主たる対象としてJAバンクからiDeCoの紹介が開始されている。当初は全国約7,700店のJA店舗のうちで一部の店舗を通じた紹介となるが、徐々に取扱い店舗は拡大する見通しだ。

iDeCo新規加入者数の推移

20190603_kanyusha.jpg

データ出所:国民年金基金連合会
モーニングスター作成


【関連時期】
JAバンクのiDeCo、みずほ銀行とJAが提携し全国1000万の組合員の受付窓口に
SBI証券のiDeCoセミナー、モーニングスターの朝倉智也氏が実践的活用法を提案
加入者20名からの企業型確定拠出年金、東京海上日動の「スマートDC」が中小企業向け企業年金普及のきっかけに

    
    

バックナンバー

  1. DC専用ファンド(2020年12月)、国内株アクティブファンドが外国株並みの運用成績、運用対象に浮上するか ( 2021/1/08 19:31)
  2. iDeCoの20年11月の新規加入者は約3.3万人、第2号会社員の月額掛金ジワリ増額 ( 2021/1/04 16:24)
  3. DC専用ファンド(2020年11月)、国内外株式から大規模な資金流出も、成績好調なアクティブファンドには資金流入継続 ( 2020/12/10 10:50)
  4. iDeCoの10月の新規加入者は約3.7万人、第1号と第3号被保険者の加入は前年比20%増 ( 2020/12/01 17:30)
  5. DC専用ファンド(2020年10月)、運用成績トップは「ベイリー・ギフォード世界長期成長株」で年87% ( 2020/11/11 17:44)
  6. 企業型DCの優れた運営会社(NEC、システムアドバンス、TIS)を表彰、一段と重要性を増す継続投資教育 ( 2020/11/09 18:01)