iDeCoニュース

iDeCoの加入者数は3月時点で121万人突破、iDeCo+の導入事業所は300に拡大

2019/05/08 15:45

 国民年金基金連合会が5月7日に発表したiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)の業務状況によると、3月の新規加入者数は3万2,685人で加入者総数は121万37人になった。月間新規加入者数は2月と比べて503人減った。

 2月の新規加入者の内訳は、第1号加入者が3,110人(前月3,230人)、第2号加入者も2万8,358人(前月2万8,764人)、第3号加入者は1,217人(前月1,194人)となった。第2号加入者の中では、共済組合員(公務員)の新規加入者が7,378人(前月8,055人)だった。第3号加入者は前月比で伸びているが、その他の加入者数は同月と比較すると1カ月当たりの加入者数が減少している。なお。iDeCoに事業主が掛金を上乗せする制度である「iDeCo+(イデコプラス)」の導入事業所数は300、対象従業員数は2,038人になった。

 iDeCoへの年間加入者数を年度ごとで見ていくと、平成28年度(2016年度)は19万1,409人だったが、この年の終盤である2017年1月にiDeCoの加入対象者が公務員や専業主婦(夫)にまで拡大し、加入が加速。平成29年度(2017年度)は44万4,554人と前年度比2.3倍に大きく増えた。そして、平成30年度(2018年度)は39万2,437人の加入になった。29年度と比較して、30年度の新規加入者数の伸びはやや鈍化したものの、月間3万人程度の加入者がコンスタントに増えている。

iDeCo新規加入者数の推移

20190508_kanyusha.jpg

データ出所:国民年金基金連合会
モーニングスター作成


【関連記事】
iDeCoの加入者数は2月時点で118万人突破、前年同月比で1カ月当たりの加入者数が減少
iDeCoの加入者数は1月時点で115万人突破も、新規加入者数は伸び悩み
iDeCoにローン、「MYDC」がSOMPOホールディングスと提携して加入者向けローンを提供開始
SBI証券のiDeCoセミナー、モーニングスターの朝倉智也氏が実践的活用法を提案
JAバンクのiDeCo、みずほ銀行とJAが提携し全国1000万の組合員の受付窓口に

    
    

バックナンバー

  1. DC専用ファンド(2021年1月)、DCファンドに高水準な資金流入が続くものの国内株式からは資金流出 ( 2021/2/10 11:01)
  2. iDeCoの12月の新規加入者は約3.8万人、加入者総数が180万人突破 ( 2021/2/01 18:37)
  3. DC専用ファンド(2020年12月)、国内株アクティブファンドが外国株並みの運用成績、運用対象に浮上するか ( 2021/1/08 19:31)
  4. iDeCoの20年11月の新規加入者は約3.3万人、第2号会社員の月額掛金ジワリ増額 ( 2021/1/04 16:24)
  5. DC専用ファンド(2020年11月)、国内外株式から大規模な資金流出も、成績好調なアクティブファンドには資金流入継続 ( 2020/12/10 10:50)
  6. iDeCoの10月の新規加入者は約3.7万人、第1号と第3号被保険者の加入は前年比20%増 ( 2020/12/01 17:30)