iDeCoニュース

iDeCoの9月新規加入者は約3.15万人、10月に厚労省の職場iDeCoや「auのiDeCo」が開始

2018/11/01 16:00

iDeCo_million_logo.jpg
 国民年金基金連合会が11月1日に発表したiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)の業務状況によると、9月の新規加入者数は3万1,545人となり、加入者総数は103万8,772人になった。月間新規加入者数は8月と比べて3,739人減った。

 9月の新規加入者の内訳は、第1号加入者が3,333人(前月3,319人)、第2号加入者も2万6,993人(前月3万839人)、第3号加入者は1,219人(前月1,126人)となった。第2号加入者の中では、共済組合員(公務員)の新規加入者が7,639人(前月10,130人)だった。公務員については、厚労省が「職場iDeCo・つみたてNISA」の10月導入を決め、各府省庁・地方公共団体などへの呼びかけを積極化している。

 例年9月は新規加入者の増勢が弱まり、10月に盛り上がるという傾向がある。10月には厚労省が職場iDeCoを導入した他、10月24日にはKDDIとKDDIアセットマネジメントが「auのiDeCo」の取扱いを開始している。これらの効果が、10月の新規加入者の増加につながるかどうかを注目したい。


iDeCoの月間新規加入者の推移

20181101_kanyusha.jpg

出所:モーニングスター作成

【関連記事】
厚労省が「職場iDeCo・つみたてNISA」10月に導入、運営管理機関の公募開始
auのiDeCoはスマホアプリで資産形成をサポート、運管手数料無料でポイントも貯まる
確定拠出年金を軸に資産形成のコアとして定着図る、フィデリティがターゲット・デート・ファンドを拡充

    
    

バックナンバー

  1. iDeCoの2月の新規加入者は約4.2万人で18年4月以来の高水準、加入150万人突破 ( 2020/4/03 18:22)
  2. スマホアプリ「NISSAY DC Station」で運用と継続投資教育をサポート=日本生命 ( 2020/3/26 14:10)
  3. DC専用ファンド(2020年2月)、先進国株式の純資産残高が国内株式を初めて超過 ( 2020/3/06 17:57)
  4. iDeCoの1月の新規加入者は前年同月比6.7%増、老後の資産形成手段として定着 ( 2020/3/02 19:34)
  5. 日興アセット、DC専用ファンド相次ぎコスト引き下げ―バランス型など最安に並ぶ ( 2020/2/12 20:31)
  6. DC専用ファンド(2020年1月)、バランス型に1,000億円を超える資金流入 ( 2020/2/10 15:03)