iDeCoニュース

中小事業主掛金納付制度の愛称「iDeCo+」に決定、普及活動に弾み

2018/08/27 11:18

iDeCo+.jpg
「iDeCo+」のロゴマーク
 厚生労働省が設置した「中小事業主掛金納付制度愛称選定委員会」は、今年5月からスタートした中小事業主掛金納付制度の愛称を「iDeCo+」(イデコプラス)に決定した。また、愛称の決定に伴い、同制度のロゴマークも決定した。

 「iDeCo+」は、企業年金を実施していない中小企業(従業員数100人以下)において、iDeCoに加入している従業員の加入者掛金に対し、事業主が掛金を上乗せ(追加)して拠出することができる制度。従業員はiDeCoの掛金が加算され、将来に受け取れる年金額が充実され、事業主に対しても拠出した事業主掛金は、全額が損金に算入されるメリットがある。

 「iDeCo+」の導入にあたっては、労使合意が必要。また、事業主は、従業員に対して上乗せする掛金で差別的な扱いはできない(勤続年数や職能に応じて、段階的な上乗せ掛金を設定することは可能)。iDeCoに加入している従業員は、加入者掛金を原則給与天引きとし、事業主掛金を上乗せした上で、まとめて納付する仕組みに変更する。

 厚労省は愛称決定を機に、iDeCoを実施する金融機関などの商品広報媒体や各種報道を通じ、「iDeCo+」の認知度向上を図っていく。

「iDeCo+」の実施イメージ

iDeCo++.jpg

出所:国民年金基金連合会のパンフレット

【関連記事】
厚労省が「職場iDeCo・つみたてNISA」10月に導入、運営管理機関の公募開始
iDeCoの指定運用方法が示唆する新時代、リスク取る資産運用で高齢社会を豊かに
ゲタを履いて荒波を乗り越えよう! iDeCoの指定運用方法に投信が選ばれるわけ

    
    

バックナンバー

  1. DC専用ファンド(2020年12月)、国内株アクティブファンドが外国株並みの運用成績、運用対象に浮上するか ( 2021/1/08 19:31)
  2. iDeCoの20年11月の新規加入者は約3.3万人、第2号会社員の月額掛金ジワリ増額 ( 2021/1/04 16:24)
  3. DC専用ファンド(2020年11月)、国内外株式から大規模な資金流出も、成績好調なアクティブファンドには資金流入継続 ( 2020/12/10 10:50)
  4. iDeCoの10月の新規加入者は約3.7万人、第1号と第3号被保険者の加入は前年比20%増 ( 2020/12/01 17:30)
  5. DC専用ファンド(2020年10月)、運用成績トップは「ベイリー・ギフォード世界長期成長株」で年87% ( 2020/11/11 17:44)
  6. 企業型DCの優れた運営会社(NEC、システムアドバンス、TIS)を表彰、一段と重要性を増す継続投資教育 ( 2020/11/09 18:01)