iDeCoニュース

DC専用ファンド(2018年4月)、トータルリターンのトップ10は日本株ファンドで占める

2018/05/10 14:23

 DC専用ファンドの2018年4月の純資金流入額は約226億円と、前月(541億円)から半分以下に縮小した。前月に資金流入額が大きかったバランス、また、株式への資金流入額が細った。バランスの資金流入額は約60億円と前月(215億円)の3分の1以下の水準になった。

in-out02-04.jpg

※4月の純資金流出入額は推計値
出所:モーニングスター作成


 DC専用ファンド全体の純資産総額は約4兆8,404億円と、前月比1,293億円増加した。3カ月ぶりの増加になり、過去ピークをつけた今年1月末(約4兆8,494億円)の水準に迫った。2018年3月末の資産配分状況は、株式ファンド44%、債券ファンド20%、バランスファンドに34%という割合で、3月末比で債券ファンドの比率が1ポイント下がった。(※個別のDC規約では、DC専用ファンド以外のファンドを制度に採用している場合があるため、DC専用ファンド全体の純資産総額は、国内DC制度全体で運用されているファンドの残高とは一致しない)
stock1804.jpg

出所:モーニングスター作成


資金流入額のトップは2カ月連続で三井住友TAM「分散投資コア戦略ファンドS」

 DC専用ファンドの過去1カ月間の純資金流入額ランキングトップは、前月に引き続き三井住友トラスト・アセットマネジメントの「分散投資コア戦略ファンドS」だった。

 資金流入額の第2位は、レオス・キャピタルワークスの「ひふみ年金」になった。前月はベスト10圏外になっていたが、資金流入額を大幅に回復した。「ひふみ年金」は、2016年10月の設定以来、月間ベースで資金流入が継続し、17年11月以降は月間10億円前後の水準で資金流入が続いている。過去1年間で純資産総額は20億円程度から136億円へと100億円以上拡大した。

DC専用ファンドの過去1カ月間の純資金流入額ランキング

flowranking04.jpg

※2018年4月末時点、純資金流入額は推計値
出所:モーニングスター作成


リターン1位は4カ月連続アセマネOne「MHAM日本成長株ファンド<DC年金>」

 個別ファンドの過去1年間のトータルリターンでトップは、前月に続いてアセットマネジメントOne「MHAM日本成長株ファンド<DC年金>」だった。同ファンドは4カ月連続のトップになった。第2位には、「ファンド・コロワイド(DC年金)」(アセマネOne)が入り、第3位に「明治安田DC中小型株式オープン」(明治安田アセットマネジメント)となった。トータルリターントップ10の全てを、日本株を主たる投資対象にするファンドが占めた。

DC専用ファンドのトータルリターン(1年)ランキング

TRranking.jpg

※2018年4月末時点、純資金流出入額は推計値
出所:モーニングスター作成


【関連記事】
iDeCoでも発表が相次ぐ「指定運用方法」、iDeCoの制度理解を深める一助に
ジワリ進む確定拠出年金改革、5月開始のデフォルト商品がiDeCoを変える
第3号被保険者や非正規社員こそ、年金にしか使えないiDeCoを始める理由がある

    
    

バックナンバー

  1. DC専用ファンド(2020年12月)、国内株アクティブファンドが外国株並みの運用成績、運用対象に浮上するか ( 2021/1/08 19:31)
  2. iDeCoの20年11月の新規加入者は約3.3万人、第2号会社員の月額掛金ジワリ増額 ( 2021/1/04 16:24)
  3. DC専用ファンド(2020年11月)、国内外株式から大規模な資金流出も、成績好調なアクティブファンドには資金流入継続 ( 2020/12/10 10:50)
  4. iDeCoの10月の新規加入者は約3.7万人、第1号と第3号被保険者の加入は前年比20%増 ( 2020/12/01 17:30)
  5. DC専用ファンド(2020年10月)、運用成績トップは「ベイリー・ギフォード世界長期成長株」で年87% ( 2020/11/11 17:44)
  6. 企業型DCの優れた運営会社(NEC、システムアドバンス、TIS)を表彰、一段と重要性を増す継続投資教育 ( 2020/11/09 18:01)