iDeCoニュース

iDeCo専業の運営管理機関MYDCがお金のデザインと合併、金融機関との提携でiDeCoサービスの普及にも取り組む

2017/10/31 19:17

mydc.jpg
 iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)の運営管理機関に特化したMYDC(マイディーシー)社は、親会社であるお金のデザインと合併した。お金のデザインは、11月1日からiDeCoの運営管理機関となる(登録申請中)。また、お金のデザインが提供するロボアドバイザーを使った投資一任運用「THEO+(テオ・プラス)」で提携する新生銀行が、iDeCoサービス「MYDC」の受付金融機関としての業務を12月1日から開始する予定。

 「MYDC」は、iDeCo運営管理機関としては初となるスマートフォンアプリを、10月17日からiOS・Android共に提供を開始。(1)スマホだけで約10分間で簡単にiDeCoの申し込みができる、(2)iDeCoの商品選択をロボアドバイザーがサポートする、(3)積み立てた資産の時価評価額の確認がスマホでできる――といったサービスを実施している。ロボアドバイザー機能によって、2つの質問(年齢と運用タイプ)に答えるだけで、4つの運用商品(定期預金、株式を中心としたファンド、債券を中心としたファンド、実物資産を中心としたファンド)のポートフォリオを提案するため、運用経験のない人でも分散投資運用が始められる。

 お金のデザインは、新生銀行のように提携関係にある金融機関に、「MYDC」の取り扱いを提案していくものと考えられる。「THEO+」によって同社のロボアドバイザー機能の利便性や投資効果などに触れた人は、同様な設計思想で作られた運用ツールを使うiDeCoサービス「MYDC」を個人年金の運用でも使いたいというニーズがあると考えられる。

 お金のデザインが「THEO+」で提携している金融機関は2017年10月末現在、山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行、武蔵野銀行、SBI証券、住信SBIネット銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、大垣共立銀行、そして、新生銀行。「THEO+」サービスは、20代、30代といった若い層が利用者の56%を占め、それまで「投資経験がほとんどない」人の利用が33%と、若い投資未経験層への浸透力が強いという特徴がある。(写真は、「MYDC」のスマートフォン画面の一部。出所:アプリのリリース資料より)

【関連ニュース】

MYDCのiDeCo、スマホを使って10分で登録完了など簡単で身近なサービスを提供(2017/02/27)     
    

バックナンバー

  1. DC専用ファンド(2021年3月)、DCファンドの資金流入額が大幅回復、3月末の純資産総額が過去最大規模に増額 ( 2021/4/07 18:14)
  2. iDeCoの2月の新規加入者は約4.6万人、制度改定以来4年ぶりの増加水準 ( 2021/4/01 18:38)
  3. DC専用ファンド(2021年2月)、DCファンドの資金流入額が激減、バランス型は資金流出に転換 ( 2021/3/08 15:44)
  4. iDeCoの1月の新規加入者は約3.87万人、加入者総数が185万人突破 ( 2021/3/05 14:35)
  5. DC専用ファンド(2021年1月)、DCファンドに高水準な資金流入が続くものの国内株式からは資金流出 ( 2021/2/10 11:01)
  6. iDeCoの12月の新規加入者は約3.8万人、加入者総数が180万人突破 ( 2021/2/01 18:37)