iDeCoニュース

三菱UFJ信託銀行、平日夜の「丸の内ライフプラン・資産形成セミナー」でiDeCoの魅力を解説

2017/05/01 15:36

mufgtr0427.jpg

三菱UFJ信託銀行の「丸の内ライフプラン・資産形成セミナー」の様子

 三菱UFJ信託銀行は、東京・丸の内の本店の隣にある「三菱UFJ信託銀行 信託博物館」において、4月27日19:00から「丸の内ライフプラン・資産形成セミナー」を開催した。

 テーマを「知ってる人は始めてる【iDeCo活用術】」とし、講師は、三菱UFJ国際投信の法人投資家営業部マネジャー森尚子氏が務め、iDeCoの制度と運用のポイントについて解説した。会場は定員30名だが、参加者は熱心に聴講し、質疑応答の時間には質問が相次いだ。また、平日にもかかわらず20時ごろにセミナーが終了した後も残って質問を続ける人が何人も出るほどiDeCoへの高い関心が窺えた。

 セミナーの内容は、「なぜ自分で年金を準備する必要があるの?」、「iDeCoのしくみ」、「iDeCoで活かす投資信託の運用」の3つの柱で構成。まず、公的年金の支え手である生産年齢人口(15歳~64歳)が1995年をピークに減少し続け、年金制度が維持されたとしても、支給開始年齢や支給額が現在の水準では保てないだろうと考えられる中、「老後の年金は自分で準備する時代」への対応について説明した。

 そして、iDeCoの仕組みについては「税制を味方につけて賢い資産形成を!」と、加入者自身が毎月掛け金を拠出(積立)、運用し、60歳以降に年金または一時金として受け取る仕組みを説明し、3つの税制優遇の仕組みを解説。税制優遇については具体的なケーススタディを設けて、金額をあげて説明することで、メリットが実感しやすかった。

 最後に、投資信託の運用については、「リスクとつきあう3つの方法」として、分散投資、長期投資、時間分散(ドル・コスト平均法)の効果について解説した。iDeCoでは制度として長期・時間分散が確保されており、資産分散が重要であるとの解説が行われていた。

 質疑応答では、自身の拠出限度額、所得控除を受けるためには確定申告が必要か、あるいは、MUFGのiDeCoの「ライトコース」と「標準コース」の違いなど、iDeCoへの加入を考えるからこそ気になる点の質問が続き、iDeCoに関する関心の高さを肌で感じることができた。

 三菱UFJ信託銀行では、引き続きiDeCoに関する情報提供に注力し、iDeCoの普及に努めたいとしている。

    
    

バックナンバー

  1. 企業型DCの優れた運営会社(NEC、システムアドバンス、TIS)を表彰、一段と重要性を増す継続投資教育 ( 2020/11/09 18:01)
  2. iDeCoの9月の新規加入者は約3.8万人、引き続き第1号と第3号被保険者の加入伸びる ( 2020/11/04 17:47)
  3. 21世紀の老後を支える中核の年金制度に! 現場担当者が見る確定拠出年金制度の改正議論を踏まえた提言 ( 2020/10/30 18:45)
  4. 松井証券がiDeCo 運用商品を12本から40本に大幅拡充、運用の自在性高まる ( 2020/10/13 18:24)
  5. DC専用ファンド(2020年9月)、純資産総額が約6兆6,000億円と過去最高を更新 ( 2020/10/08 18:08)
  6. iDeCoの8月の新規加入者は約3.7万人で前年同月比9.4%減、第1号と第3号は伸びる ( 2020/10/07 17:42)