iDeCoニュース

iDeCoの新規加入は20代も含む若年層に広がる、国民年金基金連合会に1月以降の加入状況を聞く

2017/04/20 10:20

npfa.jpg
国民年金基金連合会
確定拠出年金部
審議役 部長 片岡佳和氏(左)
企画調査課長 佐久間裕樹氏(右)


 iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)の加入対象者が公務員や専業主婦(夫)にまで広がってから3カ月が経過した。新たな制度のもとで、iDeCoの加入状況にはどのような変化が表れているのだろうか。国民年金基金連合会 審議役 確定拠出年金部長の片岡佳和氏に、今年1月以降の加入状況と今後のiDeCo普及についての取り組みを聞いた。

――今年1月からiDeCoの加入対象者が大幅に拡大した。加入状況は?

 毎月20日までの間に国民年金基金連合会で加入申出書を受け付け、月末までに入力処理した件数を公表しているが、1月分の新規加入者は2万6,705人、2月分は4万9,020人となった。3月分も2月実績を上回り、4月になっても加入申出書の受け付けは順調に推移している。月を追って新規加入者が増えている印象だ。iDeCoに関する広報活動や宣伝を強化し、また、全国の金融機関を通じてiDeCoの普及活動を展開していただいている効果だと思う。

 2月までのデータをもとに新規加入者の傾向を分析してみたところ、年代別には、40代が40%、30代が30%、50代が20%と、30代と40代が新規加入の中心だった。20代も10%弱の比率になっている。2016年3月末時点の加入者の年代別内訳では、40代と50代で加入者の約80%を占める構造になっている。これまで、新規加入者の年代別統計は取っていないため、比較することはできないが、30代の新規加入が多いことや20代も加入していることを考えると、若い世代の方々に加入が広がっているといえると思う。

 若い世代への浸透は、iDeCoの税制メリットなどについてのニュースなどが、早く始めた人ほど多くのメリットがあることを強調するなど、若いうちからの利用を呼びかける内容が目立つことも影響していると思う。

 一方、掛金の状況は、「確定給付企業年金あり」の第2号加入者(会社員と公務員)の平均が約1万1,000円になっており、限度額である1万2,000円に接近している。第3号加入者の平均掛金額は1万9,000円台半ばと、こちらも限度額2万3,000円に近い金額になっている。昨年までは、企業型DCに加入していた人が、転職先に企業型DCがない場合の受け皿として個人型が活用されていたことと違い、今年からのiDeCoは、自ら進んで老後の備えをしようという方々も利用できる制度になったことで、制度をより積極的に利用しようとした結果ではないかと推察している。

――iDeCoに関する情報を発信する「iDeCoガイド」では消費者からの疑問に答える「イデコダイヤル」を運用しているが、どのような問い合わせが多い?

 今年1月に「イデコダイヤル」を開設した当初は、事業所登録の件など事業主からの問い合わせが多かった。その後、徐々に個人の問い合わせが増え、2月中旬には個人の問い合わせが半数を占めるまでになった。

 個人の方からの問い合わせで多いのは、加入に関する質問で、加入方法、加入することによって得られる税制メリット、また、運営管理機関をどのようにして探せばよいのかという問い合わせが中心だ。「iDeCoガイド」のサイト内に、運営管理機関の一覧を掲載し、銀行、証券、保険など業態ごとに区分して紹介していることなどを説明している。「iDeCoガイド」の一覧からは、各社の公式サイトにリンクがはってあるので、各社のサービス内容をよくご確認くださいと伝えている。

――今後のiDeCo普及のための取り組みは?

 今年度の普及策については、iDeCo広報実行委員会が中心になって進めている。広告宣伝活動やセミナー等を企画し、引き続きiDeCoの普及に努めていく。先日、iDeCoの普及推進キャラクターを「イデコちゃん」に決定し、運営管理機関等がiDeCoの普及のために使うパンフレット等には、大いに「イデコちゃん」を使っていただこうと、無料で利用できる画像データやガイドライン等を公表した。

 フリーアナウンサーの加藤綾子さんには、引き続きiDeCoのイメージキャラクターを務めていただくことで了解も得ている。これからは、「イデコちゃん」も加わって、より親しみをもっていただけるよう、広報活動に取り組みたい。現在、「イデコガイド」で公開しているiDeCoに関するアニメーションのより効果的な利用方法も検討中であり、また、「マンガでわかるイデコ」も公開予定だ。

 そして、国民年金基金連合会の公式ホームページ上に、各運営管理機関の手数料や運用商品等のサービス内容がわかるようなフェイスシートを掲載する準備もしている。統一フォーマットを作って、各社のサービスの特徴が分かるようにしたい。「iDeCoガイド」で一番利用が多いページは、運営管理機関の一覧表なので、この内容を充実させたい。

 一方、制度普及のためには、広報活動に加えて、実務的な負担を軽くしていくことも重要なことになる。確定拠出年金普及・推進協議会では、iDeCoの事務改善について運営管理機関から広く意見を求め、164項目の意見を提出していただいた。その中から、重複項目を整理するなどによって、全体で106項目について実施時期を踏まえた対応方針を決定している。2018年1月から掛金の年単位化が実施されるため、18年1月の帳票改定に合わせて改定する内容も少なくない。また、運営管理機関から要望の強い各種手続きの電子化については、今年度は方向性や大枠の検討に着手し、来年度以降の実施に向けて取り組んでいく。

 iDeCoは現役世代が利用する制度。仕事に忙しい中にあっても、加入手続きをする方が月間5万人規模で増えていることは、相当強い関心を持っていただいていると思う。引き続き、iDecoの紹介に努めるとともに、自分の将来のために資産形成をしていこうと思い立った方々が簡便に加入手続きができる環境を用意して、制度の普及に努めていきたい。

    
    

バックナンバー

  1. DC制度の一段の普及に必要な変革は? DCの運用に関する専門委員会の報告書についてタワーズワトソンの浦田春河氏に聞く ( 2017/6/20 08:54)
  2. 今年度のiDeCo広報活動、テレビCMは7-8月と1月に実施、9-10月にシンポジウム開催 ( 2017/6/14 10:33)
  3. SBI証券のiDeCo、運管手数料の完全無料化、ロボアド導入などサービスを大拡充 ( 2017/6/08 09:44)
  4. DC法第1条を改めて確認することに至った確定拠出年金の運用に関する専門委員会 ( 2017/6/06 19:12)
  5. 東京海上日動のiDeCo、全国の提携金融機関での対面相談を中心に加入者累計20万人を突破 ( 2017/5/26 09:58)
  6. みずほ銀行のiDeCo、運営管理機関手数料を無料にして一段と普及に取り組む「iDeCo元年」 ( 2017/5/19 09:08)