iDeCoニュース

人材サービスのパソナが派遣登録スタッフ向けにiDecoセミナーを開催、自分でつくる3階部分の年金を身近な存在に

2017/03/15 13:36

pasona011.jpg
パソナ
ファイナンシャル本部長
杉山武志氏

 人材サービスのリーディングカンパニー、パソナは、派遣登録スタッフ向けの金融無料セミナーでiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)の情報提供を積極的に実施している。昨年、東京で2回実施したiDeCoセミナーは、300人を超える参加者を集め、参加者アンケートでも好評だったという。3月9日には横浜で開催。また、3月28日には再び東京・大手町で150名規模のiDeCoセミナーを計画している。パソナのファイナンシャル本部長、杉山武志氏に同社がiDeCoに関する情報提供に力を入れている理由、また、今後のセミナー開催の計画等について聞いた。

金融無料セミナーでiDeCoを積極的に取り上げている理由は?

 パソナの金融センターでは、パソナの派遣登録スタッフの方、また、今後スタッフ登録を考えている方のために金融無料セミナーを定期的に開催しています。平日の18:30~19:00にスタートし、仕事を終えた後に参加しやすいようにしています。また、講師には金融機関やファイナンシャルプランナーなど専門家の方々に協力いただいています。

 金融無料セミナーの開催目的は2つあります。ひとつは、パソナを通じて銀行や証券・保険会社などの金融機関で働きたいと考える方々の金融知識の向上など、スキルアップにつなげるためです。パソナには、eラーニングによる「金融リテラシー講座」「金融スキルスタンダード認定講座」など金融分野でのキャリア構築を支援する仕組みもありますが、金融無料セミナーでも、iDeCoやNISA(少額投資非課税制度)など旬なトピックを学び、金融知識の幅を広げる機会にしていただきたいと思っています。

 もう一つは、派遣登録スタッフの「ライフプロデュース」を行うために、将来の生活や資産形成等に役に立つ情報を提供するという目的です。それぞれのライフステージにおいて、金融の知識が役立つケースは少なくありません。「経済紙の読み方」、「株式投資の始め方」、「保険活用術」、「NISAで投資デビュー」など、キャリアとマネープランを考えるセミナーを開催しています。

 iDeCoに関するセミナーは昨年から開催していますが、受講者の関心の高さ、また、受講後のアンケートでの評価も高いため、繰り返しテーマに取り上げています。3月9日に講師を務めていただいた三菱UFJ国際投信は、昨年12月に東京で開催したセミナーでも講師を務めていただき好評だったため、パソナ・横浜でも講師をお願いしました。3月28日開催の東京・大手町でのセミナーは、MYDCの協力で開催します。

セミナーの内容は、「知ってる人は始めてるiDeCo活用術」として、「なぜ、自分で年金を準備する必要があるの?」から始まって、iDeCoの仕組み、そして、「リスクとつきあう3つの方法」として投資信託を使った資産形成の進め方へと話が進みました。セミナー最後の質疑応答では、iDeCoへの加入を前提とした質問が次々に出てくるなど、セミナー参加者の関心の強さを感じました。

 老後など将来に対する漠然とした不安は誰にでもあると思いますが、自分の将来について考え、備えることは大切です。派遣スタッフの方々は、老後の年金については、基礎年金に加え、厚生年金までの2階建てなので、3階建て部分を自分で用意できるiDeCoについては、自分事として考えている方が多いのだと思います。

 パソナグループは「社会の問題点を解決する」を企業理念に、スタッフの方々が自分の能力を活かしながら、イキイキと活躍できるよう、様々な教育・研修等のキャリアアップ支援やライフサポートを行っています。キャリアコンサルティングでは、プロのキャリアコンサルタントが1人ひとりとの対話を通じて、これまでのキャリアの棚卸しや、最新の市場や業界、仕事情報の提供、今後の目標設定、学習プランを一緒に考え、継続的にサポートしています。スキルを活かす就労機会の提供まで支援することで、学んで得た知識を実務経験に繋げ、その方が目指すキャリアチェンジ・キャリアアップを後押ししています。

 金融無料セミナーは、30代、40代の方が参加者の中心です。将来の生活に役立つ知識という点に焦点をあて、様々な情報を出していきたいと思っています。パソナが開催する利点は、フラットな情報発信という点もあると感じています。iDeCoでもNISAでも特定の金融機関や金融商品を推奨するようなことはなく、個人の判断に役立つ情報を提供するという目的で企画しています。セミナーを受講する方からは、「いきなり金融機関に相談にいくのは敷居が高いので、基礎的な知識を気軽に学べるのが嬉しい」という声をよく聞きます。

 iDecoについては、現在は、未加入の方々にiDeCoの制度を知っていただくという入門編を実施していますが、次のステップとしては、iDeCo加入者のためのセミナーも考えられます。今後も派遣登録スタッフの方々の働き方や生活にプラスになる情報を積極的に発信していきたいと思っています。

    
    

バックナンバー

  1. マネックス証券のiDeCo、低コスト多様な運用商品ラインナップで「分かりやすく始めやすい」 ( 2017/10/05 09:26)
  2. ゆうちょ銀行のiDeCo、全国2万の郵便局で紹介開始、低コスト化し充実の商品ラインナップに改定 ( 2017/10/04 09:40)
  3. iDeCoの8月新規加入者は3.74万人増、3カ月連続で前月増加実績を上回る ( 2017/10/03 09:17)
  4. 大和証券のiDeCo、手数料を完全無料化し全国巡る大規模セミナー等で普及に注力 ( 2017/10/02 12:42)
  5. 2050年の日本社会をイメージできますか? フィデリティ投信が三菱総研と共同で「未来社会2050展望レポート」 ( 2017/9/15 16:49)
  6. iDeCoの7月新規加入者は3.6万人増、9月は下旬にiDeCoシンポジウムを開催 ( 2017/9/01 18:00)