iDeCoニュース

三菱UFJ国際投信のiDeco向けサービス、バランス型投信を軸に商品を提供し、初めての資産形成も積極的にサポート

2017/03/08 15:55

mukam003.jpg
三菱UFJ国際投信 商品企画部 DC推進室マネジャー 森 尚子氏

 三菱UFJ国際投信は、iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)など確定拠出年金向けに専用、併用を合わせて約90本の商品を提供している。iDeCo向けにインデックスファンドシリーズ「eMAXIS」の採用が増えていることから、「eMAXIS」用のロボ・アドバイザー「ポートスター」をiDeCo向けにカスタマイズして運営管理機関に提供するなど、iDeCo向けサービスを拡充している。同社のiDeCo向けサービスの現状と今後の展望について三菱UFJ国際投信商品企画部DC推進室マネジャーの森尚子氏(写真)に聞いた。

iDeCo向けに提供しているファンドで、近年、問い合わせが多く、採用が進んでいるファンドは?

 当社では確定拠出年金向けに約90本のファンドを提供しているが、近年もっともiDeCoで採用が進んでいるのは、「eMAXIS」シリーズだ。銀行のインターネット販売でも売れ筋の商品としてお客さまに馴染みがあり、iDeCoのラインアップにも加えやすいと思っていただけている。パッケージとして何本かを揃えて採用していただく運営管理機関もあれば、新興国など既存のラインアップを補完するパーツとして採用していただくケースもある。

 また、バランス型ファンドの採用も多い。企業型DCで採用の多いベーシックなバランスファンドである「三菱UFJプライムバランス(安定型/安定成長型/成長型/8資産)(確定拠出年金)」の他、市況に応じて組み入れ比率を柔軟に変更する「トレンド・アロケーション・オープン」「三菱UFJ DCバランス・イノベーション(KAKUSHIN)」などを良く採用していただいている。「eMAXIS」シリーズの「最適化バランス(マイストライカー、マイフォワード、マイミッドフィルダー、マイディフェンダー、マイゴールキーパー)」もiDeCoで活用するバランス型ファンドに適していると考えている。

 やはり、iDeCoを通じて長期の資産形成を行うことに相応しいと考えられているのは、資産を広く分散したバランス型ファンドという考え方が、運営管理機関各社の軸になっている。当社でもバランス型ファンドをメインの商品として提案している。

ファンド以外のサポートツール等の提供は?

 「eMAXIS」最適化バランス向けのロボ・アドバイザー「ポートスター」のコンテンツをiDeCo向けにも提供している。運用商品選びをサポートするロボ・アドバイザーの紹介とともに、長期にわたる運用を応援するためのコンテンツである「ポートステーション」もセットで提供できるよう準備を行っている

 iDeCoの加入者の方々、また、加入を検討されている方々にとって「何で運用すればいいのか?」ということが、ひとつのつまずきのもとになっている。簡単な質問に答えるだけで、わずか1分程度で分散投資したポートフォリオが提案されるロボ・アドバイザーは、商品選択の手助けになると思う。現在、約30の金融機関で「ポートスター」をご活用いただいているが、投資が初めてという方に好評だという話を良く聞く。iDeCoを通じて、初めて投資を行うという方にもリスク許容度の診断結果や、資産配分のイメージの例示などは、運用のイメージを感じ取るという点でも意味があると思う。

 また、「ポートステーション」を通じた情報提供は、資産運用を続けていく上で知っておきたい知識や、「iDeCoって何?」などiDeCoに関連する最近の話題をわかりやすく解説する読み物や動画コンテンツなどを届けている。

 このような資産運用の疑問に答えるコンテンツや、運用のノウハウに関するわかりやすい解説コンテンツなど、従来は、販売会社向けに提供してきた様々な情報を、iDeCoの加入者を意識して再編集し、また、継続投資教育のツールとして活用いただけるようカスタマイズして提供することを進めていく考えだ。

 加えて、運営管理機関からの要請を受けて、iDeCoに関するセミナーで講師を務めることにも積極的に対応している。資産運用の基礎の解説など、加入者の方々や加入検討中の方に、加入後の商品選びや実際の運用について、イメージを持っていただけるよう、わかりやすい解説に努めている。

今後の取り組みは?

 引き続き、運営管理機関のご要望を聞きながら、iDeCo向けの商品開発やサービス提供に努めていきたい。2月から始まった「確定拠出年金の運用に関する専門委員会」で、運用商品の商品数上限の問題やデフォルト商品の基準作りについて議論が始まった。この議論も踏まえて、これからのiDeCoに相応しい商品やサービスを送り出していきたい。

 新年度には当社の公式ホームページにiDeCo専用ページを開設する予定だ。iDeCo向けに提供する様々なコンテンツをまとめて、iDeCoでの運用について知りたい方や、運用をステップアップしたい方、どなたにも使っていただけるサイトとして運営する。

 iDeCoの潜在成長力は大変大きいと思う。まだ始まったばかりだが、運用サポートや商品開発などの取り組みは、これからずっと続けていくことが大事だ。iDeCoの発展に寄与できるよう、着実に進めていきたいと考えている。

    
    

バックナンバー

  1. 東京海上日動のiDeCo、全国の提携金融機関での対面相談を中心に加入者累計20万人を突破 ( 2017/5/26 09:58)
  2. みずほ銀行のiDeCo、運営管理機関手数料を無料にして一段と普及に取り組む「iDeCo元年」 ( 2017/5/19 09:08)
  3. SBI証券、iDeCo取扱い金融機関で初めて運営管理機関手数料を完全無料化 ( 2017/5/18 15:21)
  4. 岡三証券のiDeCo 、iDeCo向けロボ・アドバイザーで運用の悩みや迷いに解決策を提案 ( 2017/5/17 10:23)
  5. iDeCoの商品数上限も35本に、デフォルト商品も明示へ=改正DC法の要件固まる ( 2017/5/10 19:55)
  6. 三菱UFJ信託銀行、平日夜の「丸の内ライフプラン・資産形成セミナー」でiDeCoの魅力を解説 ( 2017/5/01 15:36)