iDeCoニュース

基礎から学ぶiDeCo体験シンポジウム、東京・汐留で3月15日に開催

2017/02/27 11:11

 国民年金基金連合会と厚生労働省は3月15日、東京・汐留のベルサール汐留にて「基礎から学ぶ! iDeCo体験シンポジウム ~老後のために、いま、できる、こと~」を開催する。開催時間は18:30~21:00。「iDeCo運用をアプリでシミュレーションできる体験コーナー」「ファイナンシャル・プランナーによるiDeCo個別相談」「iDeCoの基礎知識アニメコーナー」「タイプ別事例紹介コーナー」の4つのブースと、定員300名での「徹底解説! iDeCoセミナー」(18:30~19:30)を開催する。入場料は無料。

 シンポジウム冒頭では、厚生労働大臣の塩崎恭久氏があいさつする予定。また、iDeCo広報イメージキャラクターで"カトパン"の愛称で知られるフリーアナウンサーの加藤綾子氏も登壇してあいさつする。

 「徹底解説! iDeCoセミナー」は、日常よく目にする経済のニュースをわかりやすく解説した"細野経済シリーズ"で知られるセミナー解説者・カリスマ受験講師の細野真宏氏と、社会保険労務士でファイナンシャルプランナーでもある原佳奈子氏に、厚生労働省年金局企業年金・個人年金課長の青山桂子氏も加わってパネルディスカッション。日本の年金制度から、iDeCoの3つの税制優遇、iDeCo加入の留意点・リスク、老後に向けての資産形成の考え方など、様々な切り口で今後の資産形成について語り合う。セミナーは事前申込制で、iDeCo特設サイトの「イデコガイド」、または、iDeCo専用コールセンター「イデコダイヤル」で申し込みを受け付けている。受付期間は2月28日まで。

    
    

バックナンバー

  1. DC専用ファンド(2021年1月)、DCファンドに高水準な資金流入が続くものの国内株式からは資金流出 ( 2021/2/10 11:01)
  2. iDeCoの12月の新規加入者は約3.8万人、加入者総数が180万人突破 ( 2021/2/01 18:37)
  3. DC専用ファンド(2020年12月)、国内株アクティブファンドが外国株並みの運用成績、運用対象に浮上するか ( 2021/1/08 19:31)
  4. iDeCoの20年11月の新規加入者は約3.3万人、第2号会社員の月額掛金ジワリ増額 ( 2021/1/04 16:24)
  5. DC専用ファンド(2020年11月)、国内外株式から大規模な資金流出も、成績好調なアクティブファンドには資金流入継続 ( 2020/12/10 10:50)
  6. iDeCoの10月の新規加入者は約3.7万人、第1号と第3号被保険者の加入は前年比20%増 ( 2020/12/01 17:30)