iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)取扱商品・手数料の徹底比較!3つのポイントで金融機関をえらぶ 金融機関比較ガイド iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)取扱商品・手数料の徹底比較!3つのポイントで金融機関をえらぶ 金融機関比較ガイド

iDeCo加入可能診断ツール iDeCo Q&A 「iDeCo(イデコ)」で自分年金をつくる 特別インタビュー「「iDeCo」は市場のニューパラダイムにぴったりな資産形成手段」
iDeCo加入可能診断ツール iDeCo Q&A 「iDeCo(イデコ)」で自分年金をつくる 特別インタビュー「「iDeCo」は市場のニューパラダイムにぴったりな資産形成手段」

iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)は、公的年金だけでは不足する老後の生活資金を、自分で作るために用意された制度です。

iDeCo(個人型確定拠出年金)を知る

最新情報

2017/03/28
横浜銀行のiDeCo、神奈川県内各地で行うセミナーと運営管理手数料無料キャンペーンで加入を後押しを掲載しました。
2017/03/24
「iDeCo Q&A」を掲載しました。
2017/03/24
野村アセットのDC専用ファンド、市場ニーズをくみ上げた商品をいち早く提供しDC市場の成長を後押し
2017/03/23
公務員のiDeCo どうやって選べばいい?
2017/03/16
iDeCoシンポジウム、遅くまで個別相談ブースが埋まる熱気、イメージキャラクターの加藤綾子さんも登壇
2017/03/15
大和証券(ダイワのiDeCo)プラン情報を追加しました。
2017/03/15
あなたの勤める会社には退職金がありますか? iDeCo加入のデメリットを考える
2017/03/15
人材サービスのパソナが派遣登録スタッフ向けにiDecoセミナーを開催、自分でつくる3階部分の年金を身近な存在に
2017/03/08
三菱UFJ国際投信のiDeco向けサービス、バランス型投信を軸に商品を提供し、初めての資産形成も積極的にサポート
2017/03/03
iDeCoのテレビCM、3月8日~14日でオンエア決定
2017/03/02
「iDeCoファンドの新潮流!最近の組入れファンドの特徴はこれだ!」を公開しました。
2017/02/23
「iDeCoで何をどうすれば良いのか分からない時の考え方、iDeCoを始める前に」を公開しました。
2017/02/10
「MUFGのiDeCo、三菱UFJ信託銀行の投資教育室がリードしてiDeCo向け情報提供を積極展開」を公開しました。
2017/02/07
「三井住友アセット、iDeCo情報提供専用サイトを開設し、わかりやすい情報発信を強化」を公開しました。
2017/02/06
「放っておいたらダメ?iDeCoのリバランスについて」を公開しました。
2017/02/03
群馬銀行 キャンペーン情報を追加しました。
大分銀行 プラン情報を追加しました。
富国生命 手数料情報を更新しました。
2017/02/02
「りそなのiDeCo、加入相談にFPを無料で派遣、土日・夜間など銀行の営業時間外に対応」を公開しました。
2017/02/01
「千葉銀行のiDeCo、運管手数料を引下げ、商品ラインアップを拡充して個人型プランの取扱い再開」を公開しました。

資産管理コラム

iDeCoニュース

学ぶ・シミュレーション

「iDeCo」で自分年金をつくる

「iDeCo」で自分年金をつくる

2017年1月より、原則として現役世代の日本人全員がiDeCo(個人型確定拠出年金)に加入できるようになりました。将来国から支給される年金は、当てにできません。そのため、老後に向けて自助努力で資産形成をする必要性は、確実に増しているのです。 また、「拠出時」「運用時」「受給時」でかなりの節税になるので、この制度を利用しない手はありません。
本書は、iDeCoの基本、さらにどの金融機関や運用商品を選ぶべきか、実際の商品名を挙げて解説します。 長生きのリスクを怖れず安心して暮らすための、実践的な一冊!

【目次】

  • はじめに
  • 序 章…iDeCoを始めるかどうかで、老後が大きく変わる
  • 第1章…合法的に誰でも節税できる!
  • 第2章…最低限押さえるべき「運用商品選びの基本2つ」
  • 第3章…iDeCoの仕組みと手続き
  • 第4章…絶対に失敗しない「金融機関」の選び方
  • 第5章…有力金融機関別・iDeCoポートフォリオ
  • おわりに…iDeCoを入口に、「預貯金だけ」から卒業を
  • 巻末付録

iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)は、公的年金だけでは不足する老後の生活資金を、自分で作るために用意された制度です。
毎月5,000円から1,000円単位で、自分の可能な範囲で年金資産を積み立てます。
積み立てる資産は、預貯金や投資信託から自分で選び、その運用次第で、年金としての受取額が変わります。